これは例のガールズバーオンラインというサイトでわかったことなのですが、横浜駅周辺のガールズバーはアネックスビルに複数入っているようです。見た限りでは4~5軒ほどあるようです。1つのビルにそれだけガールズバーがあるって、普通では考えられないですよね。

ただ風俗店が特定の建物に集中することがあるように、キャバクラやガールズバーでもそういうことは普通にあるそうです。それで調べたら、どうやら営業許可の問題らしいですね。建物の構造上、キャバクラやガールズバーが営業可能な造りになっているところは決まっているらしいです。また、一度営業許可が取れた店舗が廃業しても、次の店舗が新たに申請しやすいようです。つまり、一度ガールズバーができた場所(部屋)というのは、次もガールズバーが入ってくる可能性が高いわけです。

それとは別に、「名前だけ変えて営業をし直す」という例もあります。これは幾つか説がありました。まず暴力団からのみかじめ料の支払いを拒否した場合です。断るなら今までと違う名前でやれという圧力がかかるようです。次に、お店のイメージを変える場合です。今はネットで色々評判を調べてから行く人が多いので、立て直し不能な評判が知られてしまった場合の手段としてお店の名前を変える事があるようです。

アネックスビルでもちょいちょい新しいガールズバーが増えているようなので、それが本当の意味で「新規」なのか、名前を変えただけの「新規」なのか見極めることも大事そうです。